トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

九国の香西が4回以降パーフェクト投球 辻田は11Kの力投実らず



九州国際大付・香西一希投手

「相手投手は秋とイメージが違いました。バッターに対する入り方、タメを使って腕を振っており、間合いが変わりました。見極めが難しかったと思いますが、ボール球を振って助けることもあったので、そこは注意しました」(九州国際大付・楠城徹監督)

 九州国際大付クラーク記念国際は、昨年の明治神宮大会1回戦でも対戦があった。その時は5対1で九州国際大付が勝利し、右腕の辻田 旭輝投手(3年)を攻略したが、この日は逆に辻田が九国打線を圧倒する投球を見せたと言っていい。

 序盤に点を取り合った両者だが、中盤に入ると九州国際大付の先発・香西 一希投手(3年)も立ち直り、クラーク記念国際も2回途中から速球派の辻田を投入。試合は熾烈な投手戦となった。

 辻田の伸びのある直球に、九州国際大付の打者はことごとくバットが空を切り、奪った三振は11。秋の借りを返すかのような投球で、沈黙させた。
 一方の香西も、4回以降は緩急を使った投球が光る。この日は立ち上がりから直球がなかなか走らなかったが、上手く配給を切り替えて4回以降はパーフェクト投球を見せた。

「相手はチェンジアップを全部ひっかけていたので、配球を切り替えました。直球があまり走ってなかったので、低めの変化球を意識して、ゴロを打たせることを心がけました」(香西)

 熾烈な投手戦は延長戦にまで及んだが、決着は10回裏。九州国際大付は、一死から2番・中上 息吹外野手(3年)、3番・小田原 義外野手(3年)の連続ヒットで一、三塁のチャンスを作ると、打席には2年生の4番・佐倉 侠史朗内野手。ここまで無安打2三振と良いところのなかった佐倉だったが、ここはきっちりレフトへ犠牲フライを放ってサヨナラ勝ち。九州国際大付が3対2で勝利して、2回戦進出を決めた。

 試合後、九州国際大付の楠城徹監督は、佐倉の状態は決して良くはないことを明かしつつ、最後のチャンスでの打席では期待していたことを明かした。
「本来はチャンスで強く、秋も数試合先制打がありました。ケースバイケースで考えることができる打者ですが、この2、3試合は力んでバットが下から出ていました。練習も頑張ってきたので、体力面は成長しているはずです。あとは気持ちのコントロールだったり、1試合1試合調子を挙げてもらえたらと思います」

 一方、敗れたクラーク記念国際は、辻田が力投を見せたが最後は力尽きる形となった。一冬の成長は見せることができたので、夏にさらに成長した姿を見せてほしい。

(記事:栗崎 祐太朗)