トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

投手含め4ポジションで奮闘!和歌山東の背番号1麻田の頑張りに打線が応えた



麻田一誠

 延長11回に及ぶ激闘は、近畿大会準Vの和歌山東に軍配が上がった。

 3回に1点を先制された和歌山東だったが、後半に入った6回表に無死一、三塁からの併殺の間に三塁走者がかえり同点に追いつく。また先発の麻田 一誠投手(3年)は、右サイドハンドから切れのある直球をコーナーに投げ込み、8回途中まで倉敷工(岡山)打線を2安打に抑える好投を見せた。

 さらにその後、1度はマウンドを降りるも、9回は遊撃の守備から再びリリーフ登板。11回にも外野手守備から3度目となるマウンドに上り、麻田はこの試合だけで投⇒二⇒遊⇒投⇒右⇒投と目まぐるしくポジションが変わっていった。

 一方の倉敷工は先制点を挙げたものの、その後は和歌山東の麻田を打ち崩すことができず、小刻みな継投にも翻弄された。9回までに放った安打は僅か2本と打線が鳴りを潜め、徐々に不穏な空気が漂いはじめる。