トーナメント表
浦和学院、敦賀気比などが属するブロック
大阪桐蔭、花巻東などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

「失敗を恐れないフルスイング野球」貫いた浦和学院が快勝



宮城誇南

 雨天により、開幕が1日順延となったセンバツ甲子園。この日も球場には厚い雲がかかり、気温は10度と肌寒い中で開幕ゲームは始まった。

 夏の甲子園の経験者が7名いる浦和学院(埼玉)。先発マウンドにはそのうちの一人、エースの宮城 誇南投手(3年)が立った。最速139キロの直球と切れのあるスライダーを巧みに投げ分け、安定した投球で三者凡退に。経験値の高さを存分に見せつけた。

 一方の大分舞鶴の先発は、右腕の奥本 翼投手(3年)。球速表示以上の切れを感じさせる直球をコースに丁寧に突き、またカーブやチェンジアップなども緩急も駆使して、浦和学院を相手にも1歩も引かない堂々たる投球を見せる。

 両投手の好投で序盤は両チームとも無得点だったが、4回裏に突如試合が動いた。浦和学院は先頭の3番・金田 優太内野手(3年)が中前安打で出塁すると、続く4番・鍋倉 和弘外野手(3年)がセンターの頭を越す適時三塁打を放ち先制点。さらに続く5番・高山 維月捕手(3年)がセンターへの2点本塁打を放ち追加点を挙げると、5回裏にも3番・金田が左中間を破る適時二塁打を放ち点差を4点とした。

 援護をもらった宮城は、その後も安定した投球で大分舞鶴打線を封じ込める。6回以降はヒットさえ許さず、スコアボードに0を並べていった。試合はそのまま4対0で浦和学院が勝利。宮城は2安打13奪三振で完封一番乗りとなった。