武南、西武台千葉、千葉黎明が高いレベルで充実のつばぜり合い



武南vs西武台千葉

 近年の埼玉県の戦力構図は、2013年春には優勝を果たし、今春のセンバツ大会でもベスト4に進出した浦和学院と、2017年夏に全国制覇を果たしている花咲徳栄が抜けた2強と言っていいであろう。それを春日部共栄が追うという形だ。何しろ、2011年以降は、この3校以外の甲子園出場はない。

 ただ、それを追いかける次の勢力集団としては、西部地区では山村学園星野川越東に2020年の代替大会で優勝した狭山ヶ丘や公立校では市立川越などがある。さらには北部地区では本庄第一に公立の伝統校である上尾熊谷商。東部地区では新鋭私学として昌平叡明などがある。そして、南部地区では浦和実と共に武南が健闘している。武南は、サッカー部が全国的な強豪として知られているが、野球部も今春はベスト16に進出して今年の夏はシード校となっている。エースの石橋君の注目度も高い。

 千葉県の勢力構図も、昨年春夏連続出場を果たしている専大松戸と今春のセンバツ代表校の木更津総合が2強。これを伝統の習志野が追いかけ、さらには東海大市原望洋中央学院などが続く。それに今年は、伝統の銚子商習志野も続きそうだ。そして、その次のグループとしては、八千代松陰東京学館東京学館船橋千葉明徳千葉敬愛成田東海大浦安流通経済大柏など中堅私学と言われるところが鎬を削り合っている。西武台千葉千葉黎明もそこに加わっていくという存在でもある。

 そんな、埼玉県と千葉県の、いわゆる第2~第3勢力軍に位置する私学校の対戦で興味深かった。

 会場は、当初は西武台千葉で予定されていたようだが、首都大学野球連盟に所属する獨協大がグラウンドを提供してくれることで、越谷市の獨協大学天野貞祐記念球場での開催となった。吉田茂内閣時には文部大臣も務めた、獨協大学の創設者の名前を冠した球場だ。両翼100mで中堅122mの見事な球場である。この日は、この球場を管理している獨協大の亀田晃広監督も顔を出していた。

 選手たちにとっては、大会前に、こうした立派な球場で試合が出来ることは、両校選手たちにとっては幸せなことである。高校と大学が連携して、いい環境を選手たちに与えていくということもまた、大事なことではないかと再認識させられた。