総合工科はいい形の試合、文京は久々の完敗に仕切り直し誓う



総合工科・勝然玲雄君

<交流試合:総合工科5−0文京、都立総合工科7−5都立文京>◇12日◇総合工科グラウンド

 今度の土曜日には、夏の大会の組み合わせの抽選会がある東京都。こういう時期になってくると、チーム作りもいよいよ最終段階に入ってきたかなぁというところだ。都立校では上位に残れる実力があるのではないかと言われている都立文京都立総合工科の対決は、なかなか興味深いものでもあった。

 梅雨入りしている関東地方だが、この日は、天気予報で雷雨の可能性もあるということも言われていたのだが、午前中は、そんな予報はいい形で外れたのかなと思えるくらいの好天の下での試合となった。

 両校の春季東京都大会は、都立文京国士舘に2対11、都立総合工科足立学園に3対1とリードしていながら、中盤にビッグイニングを作られて逆転負け。ともに、初戦敗退で苦い思いをしている。新入生も入ってきて、また新たな気持ちで夏を目指してここまでそんな思いも立て直してきた。

 都立総合工科は、この日は理想的と言ってもいい感じの2つの試合となった。

 1試合目では弘松恒夫監督が、「いつもは、試合途中で投げることがほとんどなのだけれども、初めて先発で試してみた」という勝然(かつしか)が先発。初回こそ、1死から斉藤 陸内野手(3年)、須藤勇真内野手(2年)と都立文京の2番、3番に連打されたものの、その後を落ち着いた投球で連続三振。

 これですっかりリズムに乗って、2回、3回は三者凡退。予定の5回をしっかり0に抑えた。さらには1年生の小森が3回を投げて無難に抑え、最後は春の大会ではエースナンバーを背負っていた水上隼人投手(3年)が代わり端こそ安打されたもののあとは3人で抑えて、3投手での完封となった。