天理のエースが快投 強敵・享栄に完封リレーで指揮官も驚き



天理・南澤 佑音投手(3年)

<愛知県招待試合:天理1-0享栄>◇5日◇刈谷市営

 愛知招待試合に参加している天理(奈良)。初日は1勝1敗だった。迎えるのは昨年秋、愛知県で優勝した享栄だ。

 1回裏、1番・藤森 康淳内野手(3年)が享栄先発の149キロ左腕・東松 快征投手(2年)の144キロの直球を振り抜き、右越えの二塁打。その後、1死三塁から3番・永井 大飛外野手(3年)の内野ゴロの間で1点を先制する。これが決勝点となった。

 エース・南澤 佑音投手(3年)は前日に続いて先発したが、中部大春日丘戦よりも明らかに球が走っていた。130キロ前半が多かった前日と違って、135キロ前後の速球を内外角へしっかりと投げ分け、120キロ前半のスライダーの切れ味も鋭い。南澤はフォームの修正を行っていた。

「昨日(4日)の試合を見ると腕の振りの位置が高かったので、やや腕の振りの位置を下げるフォームに変更しました」

 微調整を加え、翌日にしっかりと好投を見せた。能力が高い打者が多い享栄打線を5回無失点。南澤は「まだまだ甘いところがある」と言いながらも、修正を加えて打者を抑えたのは収穫だった。

 6回表から左腕・中川 輝星投手(2年)が登板。120キロ中盤〜後半の速球と切れのあるスライダ−を低めに集め、最後も併殺に切り抜け、完封リレーを完成させた。両投手の好投に、中村監督も驚きだった。

 「享栄さんなので、点を取られることは覚悟していた。打っていかないといけないと思っていましたので、こういう勝ち方ができるとは思っていませんでした。強い相手にならば、僅差になるものですが、想定していなかった勝ち方であり、逆に選手たちから学ばさせてもらいました」と投手陣と守り抜いた野手陣を称えていた。

 かなりポイントが高い勝利だったことは間違いない。

(記事:河嶋 宗一