この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

都大会のトーナメント表
國學院久我山、帝京などが属するブロック
修徳、関東一などが属するブロック
日大三、東海大菅生などが属するブロック
都立狛江、二松学舎大附などが属するブロック
ベスト8以上の組み合わせ

一次予選のトーナメント表
日大二、都立日野などが属する第1〜6ブロック
世田谷学園などが属する第7〜12ブロック
日本学園などが属する第13〜18ブロック
城西大城西、日大豊山などが属する第19〜24ブロック

本大会出場を決めている都立有力校同士、順調な仕上がりぶりか



立ち上がりから3イニングは無安打に抑えた片倉・藤田

 今週末から高校野球の対外試合は解禁となった。とはいえ、各地で未だ、まん延防止等重点措置が取られている状況で、さらに東京都でもそれが延長されることとなった。そんな状況なので、今月から対外試合解禁になったとはいえ、各校が必ずしも当初の予定通りに日程を消化できているかと言うと、必ずしもそうではない。それに、それぞれの対応は都道府県によっても異なっているというのが現状だ。

 東京都の場合は、部活動に関しては、ある程度は学校の裁量に任せるということになっているようだ。
 都立片倉はこの日は当初予定していた都立八王子北戦に関して、相手の都合で中止となってしまった。そこで急遽、都立東大和と午前中のみでという形で組むこととなった。

 都立東大和は前日が卒業式だったというが、午後には1試合をこなしてきたという。都立片倉も前日は大崎と試合をこなしており、今季共に2試合目ということになる。お互いに、1次予選の会場校でもあるのだが、昨秋は1次ブロック予選を勝ち上がって本大会に進出を果たしたので、今春は1次ブロック予選を免除ということになっている。従って、少しは余裕を持っての調整が行えるということであろう。

 昨日行われた東京都大会の抽選会で、ともに1日が春季都大会の初戦ということになっている。

 この時期の試合では、多くのチームは投手起用に関してはイニングなり球数なりを最初から決めておいて登板するケースが多い。投手層の厚い都立片倉は、この日はジョンソン、時崎、左腕高岡に次ぐ、もう1人の投手として宮本 秀樹監督が期待している藤田が先発して4イニング。続いて、ジョンソンと時崎と繋いでいくという考えだった。藤田は、右サイド気味で、上げた足を揺らすような感じで打者のタイミングを外していくのだが、これは案外初めての対戦だと難しいようだ。この日も3イニングは打者9人で1死球のみの無安打で抑えていた。4回には、東大和では一番のスラッガー、廣嶋にタイムリーを許して1点は失ったが、まずまずと言っていい内容であろう。