この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

西武育成4位・川村の一打で國學院大が逆転勝利!



塁上でガッツポーズする國學院大・川村 啓真

 終盤までは完全に仙台大ペースだった。2回表に無死一、三塁から6番・高橋翼(4年・山本学園)がセンターに強烈なライナー性の打球を放つ。中堅手がショートバウンドで捕球したと判定され、一塁走者が二塁でアウトになったが、その間に三塁走者が生還し、先制点を奪う。

 さらに4回表にはソフトバンクから育成2位指名された先頭の4番・川村 友斗(4年・北海)が「何が何でも塁に出てやるという気持ちでいました」と真ん中付近に来たストレートをライトスタンドに運び、ソロ本塁打で1点を追加した。

 國學院大は何度も得点圏に走者を進めるが、仙台大は先発した左腕の長久保滉成(3年・弘前学院聖愛)と2番手の右横手投げ・川和田 悠太(2年・八千代松陰)が要所でコーナーを突く投球を見せ、7回まで裏のスコアボードに0を刻み続ける。

 劣勢に立たされた國學院大だが、鳥山泰孝監督は「後半、必ず流れが来る」と選手たちに何度も言い続けたという。すると8回裏、一死三塁から代打・青木寿修(3年・國學院栃木)の右前適時打で1点差とすると、その後も打線が繋がり、一死満塁と一打逆転のチャンスを作る。

 この場面で打席に立つのは西武から育成4位指名された2番・川村 啓真(4年・日本文理)。対する仙台大は川和田に代えて、佐藤 亜蓮(3年・由利工)をマウンドに送る。この場面で川村は「細かいことはそんなに考えずに速い球にしっかり合わせていこうと思って打席に入りました」と2ボール1ストライクから外角のストレートを捉えると、センターの頭上を越える3点適時三塁打となり、逆転に成功。さらに続く3番・山本ダンテ武蔵(4年・大阪桐蔭)の右犠飛で1点を加え、リードを3点に広げて最終回に持ち込んだ。

 仙台大も9回表に1点を返すが、6人の投手をつぎ込んだ國學院大が逃げ切りに成功。11年ぶり2回目の出場にして大会初勝利となった。

 苦戦を強いられながらも終盤に東都王者の意地を見せつけた國學院大。「非常に気持ちの入った準備をしていましたので、結果に繋がって私も非常に嬉しく思います」と鳥山監督は殊勲の一打となった川村の打席を振り返った。苦しい試合を勝てたことは今後に弾みがつくだろう。初優勝を目指す國學院大の戦いに今後も目が離せない。

(記事=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています