この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

ソフトバンク2位の主砲・正木が本塁打、甲子園経験者、来年、再来年のドラフト候補が多く活躍し、慶應大が圧巻のコールド勝ち



ガッツポーズをしながらダイヤモンドを回る慶應義塾4番・正木 智也

 慶應大vs東農大オホーツクの一戦は慶應大が誇るタレントや、かつての甲子園のスターが期待通りのパフォーマンスを見せ、コールド勝ちを見せた。

 まず2回裏、福岡ソフトバンク2位指名のスラッガー・正木 智也(4年・慶應義塾)が直球を捉え、ライトスタンドへ持っていく先制本塁打。秋のリーグ戦の不調を脱する素晴らしい打球だった。

 復調の裏には堀井監督の存在が大きいという。

「右中間はありましたが、ライトは初めてですね。堀井さんが来てからインサイドアウトを徹底してやってきた。それで長打が逆方向に出るようになってきた。それで一発が出た。スイングは悪くなかったので、あと何かだったリーグ戦を見直しと力んで出ていなかったので、練習と練習試合で脱力。試合だと練習と違う感覚でしたが、打撃練習と同じ感覚でやったら結果が出ました」

 主砲の一発に堀井監督も「練習では良かったですので、なにかきっかけがあれば。一髪が出て良かったです」と目を細めた。

 さらにここまでリーグ通算6本塁打のスラッガー・廣瀬 隆太も右中間へ圧巻のソロ本塁打。2者連続本塁打で先制した。

 先発・増居 翔太(3年・彦根東)は135キロ〜140キロ前後の速球を両サイドへコントロールよく投げ分け、5回まで無安打、6回にヒットを許すも、無失点の快投を見せ、その増居をもり立てたのが、オリックス4位・渡部 遼人(4年・桐光学園)が二度もスライディングキャッチに成功。驚愕の守備範囲の広さ、球際の強さを発揮し、観客をわかせた。

 さらに来年のドラフト候補として期待される生井 惇己(3年・慶應義塾)がシャウトをしながら、145キロ前後の速球を投げ、無失点の快投を見せた。

 この試合は多くの選手が活躍。

 再来年のドラフト候補として期待される廣瀬は本塁打含む3安打猛打賞、ショートで彦根東時代に甲子園を経験した朝日 晴人(3年・彦根東)もマルチヒット、さらには履正社時代、主将として17年の選抜甲子園準優勝を経験した若林 将平が、7回裏に代打として登場して、クリーンヒットを放ちチャンスを広げ、試合途中からマスクを被った主将・福井 章吾(4年・大阪桐蔭)がフルカウントから絶妙なセーフティスクイズを決め、7回コールド勝ちが決定。観衆をわかせた。

 ドラフト指名選手、甲子園経験した選手たちが多く活躍した慶應大。盤石な試合運びで2大会連続のベスト4入りを決めた。

(記事=河嶋 宗一

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています