この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

広陵が自慢のタレント力の高さを発揮し、明秀日立を圧倒。ベスト4へ



森山 陽一朗(広陵)

 明秀日立vs広陵。ともに大型右腕、スラッガー擁する大型チーム同士の対決もあって、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

 この日は広陵のタレント力の高さが発揮された。

 広陵森山 陽一朗投手(2年)は縦系統の軌道で勝負する大型右腕。常時135キロ〜141キロの直球は角度があり、重量感がある。ただ、うまくリリースできず、ばらつきが多い。

 それでも、しっかりと指にかかったときのストレートには威力がある。ベストストレートの割合が少ないのが課題といえる。
 変化球は100キロ〜110キロ台のカーブと、120キロ台の縦スライダーを投げる。ボールの軌道が特徴的で、最近ではストレートの軌道から急降下する縦スライダーやフォークを投げる投手は多いが、森山の場合、ゆるく大きく落ちる。擬音で表現すると、ドローンと落ちるボールである。

 変化球主体の投球となったが、この投球について森山は「最初からボールがいかず、体重移動ができていなかったので、納得いく結果ではないです」
 また、仲井監督はこの日の投球内容について、「全然良くなかったので、継投いたしました」と6回3失点で森山を降板させた。課題は多いが、1つ1つの球の精度の高さは魅力的で、準決勝以降の挽回を期待したい。

 2番手右腕・岡山 勇斗投手(1年)は130キロ中盤の速球に加え、スライダー、カーブで翻弄する投球を見せた。まだ1年生で、まだまだ伸びそうな予感がする。

 打者では内海 優太外野手(2年)が2ランを放ち、大会通算300号となるメモリアルアーチになった。低めのボールを前さばきで打ち返す打撃が光った。

「今日の投手は変化球が多かったので、手前になりましたが、普段から引き付ける意識で打っています」
 日頃から引き付けてタイミングを取り、しっかりとトップを形成して打つ意識があるのだろう。中井監督は内海の良さについて、「最近は引っ張るだけではなく、左中間でもセンターでも放り込める。もう少しチャンスに強くなったかな」と成長ぶりを称える。投手でもあり強肩。攻守で優れた大型外野手として今後も注目される選手ではないだろうか。

 4番真鍋 彗内野手(1年)も3安打。打撃フォームを見ると、スイング軌道に無駄がなく、的確にコンタクトできる打撃技術の高さに魅力を感じる。

 その他にも広陵の多くのレギュラー選手の守備力、打撃力には光るものがあり、改めてタレント力の高さを示した。準決勝以降の戦いも楽しみだ。

(記事=河嶋 宗一

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています