この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

来年、再来年のドラフト候補の投手の投げ合いで湧いた神奈川大vs龍谷大の一戦



神奈川大エース・神野竜速

 神奈川大vs龍谷大の一戦。来年以降に期待が持てる好投手たちが持ち味を示した。

 速球派右腕の神奈川大エース・神野 竜速投手(3年・西武台千葉)は高校時代から注目されてきたが、当時と比べると実戦力が大きく高まった。最速は145キロ程度だが、スライダー、130キロ後半の高速変化球と、カーブをうまく投げ分ける投球で、6回を投げ6奪三振1失点(自責点0)の快投。完成度の高さは今年の大学3年生でもトップクラスだ。

 1点のリードを守ってチームに勝利をもたらしたのは、神奈川大の2番手・前田 秀紀投手(4年・聖光学院)が140キロ前後の速球を内外角に投げ分け、無失点に抑える投球を見せた。神奈川大は140キロそこそこではあるが、制球力、メンタルの強さを持った投手を育てるのが上手い。

 一方、150キロを超える速球を投げ込む龍谷大・伊藤岳斗投手(2年・磐田東)も、躍動感あふれる投球フォームから繰り出す常時140キロ中盤(最速147キロ)の速球は威力抜群で、高めのつり球でも三振を奪うことができる。

 さらに120キロ中盤のスライダーの切れ味もよく、各種の変化球の精度の高さも素晴らしいものがある。クイック、フィールディングの動きを見ても身体能力、野球センスの高さがうかがえる。5回を投げて8奪三振、1失点と持ち味を示した。

 伊藤と同じくダブルエースとして期待される中澤 嶺投手(2年・比叡山)も、左スリークォーター気味のフォームから繰り出す135キロ〜140キロ前半の直球の切れ味は素晴らしく、対角線に切れ込む球質も絶品。スライダーの精度も高く、1失点したとはいえ、抜群の内容だった。

 投手のレベルの高さが光った試合。登板した4投手の今後の活躍を期待したい。

(記事=河嶋 宗一

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています