この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています



大島4点目・美島3ラン

 敗れはしたものの、大島も県大会からここまで培った粘り強さはこの日も健在だった。

 2回途中からリリーフした武田 涼雅主将(2年)が粘り強く投げて守備のリズムを立て直すと、9回裏は代打攻勢で一死一二塁として「島からの応援に感謝」の気持ちで振り抜いた途中出場の美島永宝(2年)がレフトスタンドへ3ランを放った。

 なおも満塁とチャンスを継続し、3番・武田の犠牲フライ、4番・西田 心太朗(2年)のレフト前タイムリーで一挙5点。反撃はここまでだったが、6点差に追い上げる粘り強さに、一塁側スタンドに駆け付けた大勢の観客からも歓声が沸いた。

 塗木哲哉監督は「大勢の観客が見ている言い訳のきかない舞台で、大野が投げない試合でも、守備から立て直し、最後に粘りも見せて、良い経験が積めた」と振り返っていた。

(取材=政 純一郎

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています