この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

打って勝つ!見せた「大高野球」の底力・大島



大島9点目

 大島有田工。どちらも今大会、接戦をものにして勝ち上がった県立校同士の一戦は、雨の影響もあって序盤から激しい点の取り合いとなった。

 立ち上がりは有田工がペースを握った。初回に二死から連続四球とヒットで満塁とし、暴投と押し出しで2点を先取した。2回表は無死満塁から3番・山口 駿介(2年)のレフト前タイムリー、押し出し、7番・北川 晴翔(1年)のセンター前タイムリーなどで計4点を挙げて、主導権を握ったかに思われた。

 劣勢だった大島だが、2回途中からリリーフした武田 涼雅主将(2年)が後続を断って守備のリズムを立て直す。4回裏、無死二、三塁で7番・体岡大地(1年)がライト前2点タイムリーを放って打線が調子づいた。

 雨の中断があった後、5回に5番・中 優斗(2年)の犠牲フライで2点差。6回表に再び3点差に開いたが、その裏に打線が5安打を集中。4番・西田 心太朗(2年)のセンター前タイムリーで同点に追いつき、5番・中のレフト前2点タイムリーで初めて勝ち越し、打者一巡で一挙5点のビッグイニングを作った。

 8回には6番・前山 龍之助(2年)がセンター前2点タイムリーでダメ押した。武田は低めを丁寧に突いて、打たせてとる投球で3回以降を1失点で抑えた。

 序盤で5点のビハインド、雨、劣悪なグラウンド状態…。かつてない劣勢の中、「大高野球」の底力を発揮し、決勝の舞台を勝ち取った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています