7回二死から連続タイムリーで5点・長崎日大


 佐賀商は立ち上がり、3番・平 慶士朗(2年)のライト前タイムリーで先制する。

 その裏、長崎日大も、3番・松尾 一樹(2年)のライト前タイムリーですぐさま同点に追いついた。2回以降は両者追加点が奪えず、守り合いの展開に。

 5回裏、2番・前田 凱地(2年)のセンター前タイムリーで勝ち越しに成功した長崎日大が7回に集中打を浴びせる。

 3つの四死球で二死ながら満塁とすると、5番・百武 伸(2年)がレフト前2点タイムリー、6番・白川 輝星(2年)がセンター前タイムリー、7番・勝野 凌空(2年)がセンター前2点タイムリーと、3連続タイムリーで一挙5点のビッグイニングを作って、勝機を大きく手繰り寄せた。

 佐賀商は9回二死から連打で意地を見せたが、反撃もここまでだった。

(取材=政 純一郎