この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

「みんなの力」で悲願へ前進!・大島



大島・大野

 大島は3回裏、四球、内野安打、犠打で一死二、三塁と好機を作り、2番・大野 稼頭央(2年)のライト前タイムリーで先制。3番・武田 涼雅主将(2年)がレフト前タイムリー、5番・中 優斗(2年)がライト前タイムリーで続き、3点を先取した。

 4回以降は興南の2番手・安座間竜玖(2年)が試合を立て直し、追加点を許さなかった。大島のエース大野は、立ち上がりから緩急を生かした打たせてとる投球が冴え、6安打完封。守備陣も再三の好守で大野の力投を援護した。

 大島が強豪・興南に完封勝ちし、悲願の自力でのセンバツ出場に大きく前進した。塗木哲哉監督は「みんなの力で勝ち取った。日頃の練習で積み重ねてきたことを、この場で発揮してくれた」と殊勲の選手たちへの賛辞を惜しまなかった。

 これまで期待通りの力投を続けてきたエース大野に3回、打線が応える。四球、連続バントで一死二、三塁の好機を作り、2番・大野がライト前タイムリーでまず得点の口火を切ると、「稼頭央が打ってくれたから楽な気持ちで打てた」と3番・武田主将がレフト前タイムリーで続いた。5番・中もライト前タイムリーを放ち、今大会なかなかつながらなかった打撃が「打線」になった。

 虎の子の3点を全員で守り切った。三塁手・前山 龍之助(2年)は「試合前は緊張していたけど、最初の打球を処理できてから落ち着いて守れた」。7回には三塁線を抜けそうなライナーの打球だったが「思い切って跳んだらグローブに入っていた」。左翼手・竹山陸斗(2年)は同じく7回に頭上を越えそうな打球を好捕して、幼なじみを助けた。

 投手が意図を持った配球通りに投げれば、野手が構えているところに打球がいく確率が上がる。それを確実に処理できるように、日々練習を重ねてきた成果を存分に発揮した。

 「入学した頃、歴代最弱と言われて悔しかった。そんなチームでも結果を出せると証明できた」と武田主将は胸を張る。県大会から一戦勝ち上がるごとに得てきたものを次々と昇華させてきた。どんなに厳しい逆境でも「あきらめない粘り強さ」を身に着け、奄美の高校野球史に新たなページを切り開いた。

(取材=政 純一郎

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。