5番・嶽下が2本塁打、6打点・明豊


 両チーム合わせて5本のホームランが出る激しい打ち合いとなった。立ち上がり、明豊は二死一、二塁のチャンスで5番・嶽下 桃之介(2年)が左中間スタンドに3ランを放って先制した。

 その裏、前原は連打後に、3番・目取眞 悠月(2年)がレフトスタンドへ3ランを放ち、瞬く間に同点に追いついた。

 3回表、明豊は5番・嶽下のセンターオーバー三塁打で勝ち越すと、4回は4番・宮﨑元哉(2年)のレフト前タイムリー、5番・嶽下がこの日2本目となる2ランを、今度はライトスタンドに放つなど、打者一巡の猛攻で計5点を挙げて、大きく主導権を手繰り寄せた。5番・嶽下は3安打6打点と気を吐いた。

 明豊打線の勢いは止まらず、7回表は4番・宮﨑にもレフトスタンドへの2ランが飛び出すなど、3点をダメ押し。12安打、14得点と長打を絡めて、効果的に大量点を挙げた。

 大差をつけられた前原だったが7回裏、二死から代打・島袋優汰(2年)がソロホームランを放ち、意地をみせた。

(取材=政 純一郎