村上が決勝タイムリー・海星


 1対1の同点で迎えた4回表、福岡第一は連続エラーと送りバントで一死二、三塁とし、8番・江口 星斗(1年)のライト前2点タイムリーで勝ち越し。更に送りバントで二塁に走者を進め、1番・石田 悠真(2年)のレフト前タイムリーで4点目を挙げた。

 劣勢が続いた海星だったが、6回裏に一死から3番・森 誠太(2年)がレフトスタンドへソロを放って2点差に詰め寄る。

 2点差を追いかける土壇場9回裏、先頭の4番・田川 一心(1年)が初球を叩いてセンターオーバー三塁打で出塁した。5番・西村 陽斗(2年)が四球を選び、一、三塁とチャンスを広げ、6番・峯 蒼一郎(1年)がセンター前タイムリーを放って1点差とした。

 エラーで同点に追いつき、二死三塁とすると、8回に代打で登場してヒットを放った9番・村上 輝(2年)が追い込まれながらセンター前に運び、劇的な逆転サヨナラ勝ちとなった。

(取材=政 純一郎