この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

先制されて活気づく至学館野球、守りでは目まぐるしい投手交代で抗戦



至学館・伊藤幹太

 愛知県大会準決勝では、星城に9回までリードされていながら、驚異的な勝負強さで同点とし、二死走者なしから、さらに1点を奪ってサヨナラ勝ちして東海大会進出を決めている至学館。今大会でも、初戦の岐阜第一との試合ではリードされながらも中盤に追いついて逆転した。中盤の2~3点差までならば至学館の追いかけられる「距離」という自信もあってか、「後半、何かを起こす至学館」は舞台が大きくなればなるほどその力を示していく。

 そんな至学館を迎え撃つのが三重県1位の三重だ。県大会では菰野津田学園津商といった実力校を下して優勝した。ベスト4に残った2018年以来のセンバツを目指したいところである。

 最初に得点機を得たのは2回の三重で、一死一塁から6番大越が三塁線へ叩きつける二塁打で一死二、三塁とした。しかし、ここは至学館の1年生投手伊藤 幹太が踏ん張った。

 それでも3回、三重は二死から2番藤井が死球で出ると、牽制悪送球で二塁へ進む。そして、続く野田は追い込まれながらも高めの球を叩いて左前打して二塁走者を迎え入れて先制した。

 とはいえ、リードされて追いかけるというのは、むしろ至学館にとっては得意の形である。4回に早速反撃するのだが、四球とエンドランを仕掛けての内野ゴロで一死二塁とすると、3番安並の打球が一、二塁間を破って同点打となる。さらに、二塁盗塁後に、5番田頭が左中間二塁打を放ち逆転した。至学館としては、追いかけるというよりも、早々に逆転するという展開になった。そして、ここまでは点の取り合いというよりは、伊藤と上山の凌ぎ合いという展開だった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています