この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

執念の打撃で明秀日立が初優勝、粘りが生んだ9得点



喜びを爆発させる明秀日立ナイン

 絶対的なエースと強力打線を擁する明秀日立山梨学院の決勝戦。ともに打力がある分、投手力次第では打ち合いとなると思われたが、終わってみれば両チーム合わせて30安打の乱打戦となった。

 明秀日立が2点ビハインドで迎えた2回、一死から6番・佐藤 光成が出塁すると連打でチャンスを作り、一死満塁。ここで9番・伊藤 和也が外角への変化球をうまく合わせてライト前。1点を返すと、勢いそのままに追加点を奪い、一挙4点を記録して一時逆転した。

 援護をもらった先発・猪俣 駿太だが、疲労からか思うようにボールが走らず、4回には山梨学院1番・鈴木 斗偉の内野安打で失点して降板して外野へ。後続に託すが、山梨学院の勢いを止められず、5回には4対6と勝ち越しを許してしまう。

 しかし明秀日立の強力打線はひるまない。直後の5回裏に3番・石川 ケニーと5番・猪俣のホームランで6対6とすると、7回にチャンスが来た。

 7対7で迎えた7回二死一塁から、代打・岡部 真之佑が詰まりながらも三遊間をしぶとく抜いて二死一、三塁。その後、盗塁を決めて二死二、三塁とすると、9番・伊藤が前進守備の外野の頭上を越すタイムリーで9対7と勝ち越した。

 7回から再びマウンドに上がっていたエース・猪俣が最後は抑えてゲームセット。明秀日立が初優勝で神宮大会出場を決めた。

 壮絶な打ち合いを演じ、明秀日立が栄冠をつかんだ。上位から下位まで勢いに乗ったときは手が付けられない自慢の強力打線で、山梨学院を打ち破った。

 試合前、山梨学院・吉田監督も勢いづかせないように警戒していたが、山梨学院にとっては恐れていた結果になった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています