この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

明秀日立・猪俣が直球の「緩急」を武器に2失点完投



明秀日立先発・猪俣駿太

 山梨学院が待つ決勝を目指し、明秀日立木更津総合が激突した。明秀日立はエース・猪俣 駿太が先発。対して木更津総合金綱 伸悟が今大会初マウンドに上がる。金綱の出来が試合展開に大きく影響すると思われたが、それが的中する。

 試合が動いたのは2回、明秀日立は二死一、二塁から、二塁ランナー・佐藤 光成が金綱のモーションを完全に盗み、三盗を決める。これで二死一、三塁にすると、今度は一塁ランナー・小久保 快栄がスタートを切り、一、二塁間で挟まれている間に佐藤が生還。明秀日立が足で先取点を奪った。

 すると3回には、1番・本坊 匠の二塁打で2点目を奪い、なおも一死一、三塁と追加点のチャンスで、石川 ケニーの内野ゴロの間に3点目。強打に加えて細かい攻撃で得点を奪い、リードを広げる。

 2点を返されて3対2で迎えた6回には、4番・武田 一渓がライトスタンドへ突き刺すホームランで4対2。さらに7回にも追加点を奪い5対2と、木更津総合・金綱からヒット9本、3四死球で明秀日立がリードを奪った。

 明秀日立・猪俣は、前半5回までで2点を失ったが、後半は安定した投球だった。7回二死一塁で、木更津総合1番・山田 隼を136キロの真っすぐで打ち取ったように、通常は130キロ前半に抑えつつも、要所では130キロ後半を計測するストレートと変化球を組み合わせて、木更津総合打線を封じた。

 猪俣は最後まで投げ切って完投。明秀日立が5対2で木更津総合を下した。

 地元・茨城の1位校の意地を見せ、決勝戦まで勝ち上がった明秀日立。原動力となっているのは、エース・猪俣だろう。県大会よりコンディションがベストに整わない状況が続きながらも、トレーナーとコミュニケーションを取りながら、毎試合調整を続けてきた。

 その状況で強打・木更津総合打線を6安打2失点に抑えたことは、自信につながる結果と言っていいだろう。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています