この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

最重量打線・明秀日立が硬軟織り交ぜた攻撃で健大高崎を圧倒し、4年ぶりのベスト4



7番サード・小久保快成(明秀日立)

 今大会で最重量打線として注目されたのが明秀学園日立だ。本塁打を打てる打者が非常に多く、決勝では3本塁打を放つなど両翼100メートルの水戸市民球場も関係なく打てるパワーは脅威。今回の準々決勝はそれだけではないところを示した。

 2回表、一死二塁から県大会でも本塁打を放っている小久保 快栄の二塁打と敵失で1点を先制。さらに8番辻 天成の適時三塁打で2点目。そして9番・伊藤 和也の鮮やかなスクイズで1点を追加する。強打と小技を織り交ぜた今年の明秀学園日立の攻撃スタイルは回を重ねるごとに発揮する。

 4回表にも7番小久保快成の適時打、1番本坊 匠、3番石川 ケニーの適時打で3点を追加し、6対0と大きくリード。その裏に本塁打で1点を返されたが、5回表には6番佐藤 光成が県大会から通じて公式戦3本目のアーチ。練習試合では1本も打っておらず、実戦の強さは素晴らしいものがある。佐藤は「日々、追い込まれた状況で、打撃練習をやっているのでそれが生きていると思います」と胸を張る。佐藤は180センチ74キロと恵まれた体格をしており、この選手が6番に座るのだから、選手層が厚い。

 7回には集中打を浴びて、7対4と3点差に迫られるが、9回表には小技で健大高崎をかき回した。9回表には無死一、二塁から本塁打を打っている6番佐藤が犠打。これが相手のミスを誘い、二塁走者が生還。その後も9番伊藤がスクイズを決めるなど、点を追加。さらに2番平野 太智の適時打もあり、11対4と突き放した。金沢監督は「今年は強打だけではなく、つなぎの野球も求めていて、それができる素質が備わった選手がおりました。硬軟織り交ぜた攻撃をずっとしたいと思っていて、それができるための練習をしていました。今日は選手たちが1球に対する集中力が高かった。それが良かったと思います」とテーマとしていた野球を実践した選手たちの集中力の高さを称えた。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています