この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

出場校トップクラスの東海大相模投手陣を攻略!ベスト4進出の木更津総合の打撃アプローチ法とは?



打球の行方を見る芦川(木更津総合)

 11月2日、秋季関東大会準々決勝・木更津総合vs東海大相模の一戦は木更津総合が4対1で東海大相模に勝利し、ベスト4進出を決めた。この試合の活躍選手を取り上げていきたい。

 両校は2019年の春季関東大会でも対戦しており、4対3の好勝負を演じている。ともに名門校同士の対決もあって、平日ながら水戸市民球場の内野席は、ほぼ埋め尽くされた状態に。両校の人気の高さが伺えた。

 東海大相模の先発は庄田 聡史木更津総合の先発はエースの越井 颯一郎となった。

 この試合は木更津総合の打撃力が全国レベルだと実感させられる試合となった。東海大相模の先発・庄田は秋季神奈川大会準々決勝、準決勝と2試合連続で完投勝利を挙げ、今年の東海大相模投手陣の中で最も投球ができる。立ち上がり、130キロ後半の速球をマークして、ボールの勢いは悪くなかった。ただ、木更津総合の打力が上回った。

 1回表、一死から2番朝倉 暖が四球で出塁し、3番菊地 弘樹が内野安打で一、二塁。そして4番水野 岳斗が中前安打で満塁のチャンス。5番大井 太陽の三ゴロの間に1点を先制。そして6番芦川 正真が左中間を破る適時二塁打で二者生還し、いきなりの3点先制。スタンドがざわつき始める。 

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています