この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

浦和学院・宮城が変化球の修正で完封劇、センバツ手繰り寄せる



宮城誇南(浦和学院)

 2季連続甲子園を狙う浦和学院と実力者が揃う桐生第一。両校が準々決勝で激突するとあって好ゲームの予感は漂っていたが、その期待に応える試合展開が繰り広げられた。

 浦和学院が2回、一死一、二塁から9番・小林 聖周が相手セカンドのグラブをはじくタイムリーを放った。これで先取点をつかんだものの、前半は完全な投手戦となる。

 浦和学院先発・宮城 誇南は、140キロを超える速球と、変化球を交ぜたピッチングで、桐生第一打線を力で圧倒する。対する桐生第一寺門 京佑は、変化球主体で打たせて取る巧みなピッチングで、前半は2回の1点のみに抑える。

 突き放したい浦和学院は、6回から登板した桐生第一北村 流音から、待望の追加点を奪う。4番・鍋倉 和弘がヒットで出塁すると、バッテリーミスなどで一死一、三塁。ここで7番・伊丹 一博のタイムリーに、8番・宮城のスクイズなど、一挙4点を追加。5対0と浦和学院が中押しに成功した。

 リードをもらった宮城は、後半も安定した投球を見せた。7回には、二死一、二塁とピンチを招いたものの、1番・田村 淳陽を変化球で空振り三振に仕留めて切り抜けた。相手にホームを踏ませずに、そのまま相手打線をシャットアウト。浦和学院が宮城の完封劇で、桐生第一を下した。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています