この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

山梨学院エース榎谷、縦振りフォームのカットボールで翻弄



山梨学院先発・榎谷 礼央

 勝てば来春の選抜へ大きく前進する関東大会準々決勝。タレントが揃う山梨学院と、強打と走力で攻め立てる白鷗大足利が対戦することとなったが、注目は山梨学院の先発、榎谷 礼央だった。

 最速143キロを計測するストレートを武器に、初戦の拓大紅陵戦で勝利。一気に注目投手へ名乗り出た好投手が、白鷗大足利戦でも先発した。チームの打線が強力である以上、榎谷の出来次第で試合展開も変わると思われたが、その通りの結果となった。

 榎谷は3回までランナーを1人も出さずに序盤を終えた。5対0の4回、途中出場・佐藤吏功の三塁打で初めてランナーを出してピンチを招いたが、3番・阿部 快俐、続く4番・齋藤 祥汰を変化球で内野ゴロに斬って取る巧みな投球でピンチを切り抜けた。

 グラウンド整備明けの6回、8対0の場面では二死一、二塁とピンチを作ったが、ここも変化球で空振り三振。勝負どころでは変化球が冴えわたり、白鷗大足利に反撃させない。

 その後、6回に山梨学院4番・高橋 海翔の一打で9対0。コールド勝ちでベスト4に進出し、来春の選抜へ大きく前進した。

 2戦連続でのコールド勝ちで選抜への出場権を大きく近づけた山梨学院。白鴎大足利相手に見せた9安打9得点の強力打線は吉田監督も太鼓判を押すミート力を活かした、繋がりのある打線だった。

 先制タイムリーを放った6番・澁谷 剛生や、2本の長打を放った4番・高橋だけでなく、ノーヒットに終わった3番・岩田 悠聖も、仕掛けをシンプルにして余計な反動を使わずに、鋭いスイングでボールに対して強くコンタクトが出来ているのが、印象的だった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています