この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

世代屈指の外野手・吉次優真(土浦日大)2安打1盗塁とアピール



4番センター・吉次悠真(土浦日大)

 関東大会では東海大相模vs花咲徳栄など名門校同士の対決が話題となり、多くの観客で埋まった。ただ個人同士の対決も注目されている。それが土浦日大vs桐生第一の一戦だ。土浦日大にはプロ注目の外野手・吉次 悠真が注目されている。茨城県大会準々決勝の霞ヶ浦戦では、右中間へ特大弾を放ち、好守備を連発した。桐生第一は145キロ右腕の北村 流音(りお)が注目されている。

 この試合では吉次が持ち味を発揮した。第1打席。桐生第一の右サイド・飯野 剛史に対し、詰まりながらもライトへぽとりと落ちるタイムリーヒットで先制点をもたらした。

「当たりとしては決して満足いくものではありませんでしたが、4番打者として先制点が欲しい場面でしたので、ああいう形で1点を取ることができてよかったです」

 第3打席は左腕・市川 一樹に対しても技ありの一打を見せた。

「ストレートが多めの左腕投手でしたので、内角に強めのボールがくるかなと。それを狙い通りに打つことができました」

痛烈な左前安打を放ち、マルチヒットを記録した。そして足でも見せ場を作った。2安打目を放った吉次は鮮やかな二盗を決めた。その後、香取蒼太の中前適時打で2点目のホームを踏んだ。

「自分は群馬出身なので、自分がどんな打者なのか、足が速いことも知られていると思いますし、それでも盗塁して、点を取りたかった。マークされている中で盗塁が出来たのは良かったと思います」

 第4打席では北村と対戦し、二ゴロに倒れたが、「あと1打席あればアジャストできる投手だったと思います」と前向きなコメントを残した。

 センターへのフライも軽快に処理し、その1球は左中間へ抜けそうな打球だった。やはり頭一つ抜けており、強肩ぶりもさすがだ。それでも対応力や、自身の結果に満足していない吉次。

 来シーズン、どこまでパワーアップしているか楽しみな逸材だ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています