この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

ついに出てきた大器・高山維月が大活躍。浦和学院が向上との打撃戦を制す!



三塁打を打つ高山維月(浦和学院)

 浦和学院vs向上の一戦。ともに打力が高く、激しい攻防が見られた。

 まず2回表、浦和学院は5番喜屋武 夢咲が右前安打を放ち、6番高山 維月が適時三塁打で1点先制。さらに7番伊丹 一博の左中間を破る適時二塁打。8番宮城 誇南の適時打で幸先よく3点を先制する。

 浦和学院の先発・宮城がぴりっとしない。ストレートの勢い自体は悪くなく、手元のスピードガンでは、常時135キロ〜140キロで、たびたび140キロを出しており、今まで見てきた宮城の中で一番良いと思った。森大監督によると、ここ最近の練習試合では内容が良かったという。リードする高山も「ストレートの走りは良かったです」と語るように力強さがあった。ただ宮城の強みである変化球の精度が甘かった。スライダー、チェンジアップ系も思うように決まらない。森大監督も向上の準決勝、決勝の中継を見て、振れる打線と鶏鶏し、打撃戦になることは覚悟していた。

 戦前の予想通り。向上打線もじわじわと宮城を捉えていく。4回裏、一死二、三塁のチャンスから7番遠藤稔弥が前進守備の間を抜く適時打などで、1点差に迫る。

 だが、5回表、一死二、三塁で3番・金田 優太が2点適時二塁打を放ち、貴重な2点を入れる。しかし5回裏、向上は4番に座る大型捕手・廣田 翔馬が左中間を破る適時二塁打を放ち、6番野坂凌平の適時打で4対6とする。好投手・宮城は変化球の調子が悪いとはいえ、130キロ後半のストレートを投げる左腕に、7安打4得点を挙げるのだから素晴らしい打線である。さらに6回裏にも1点を入れ、5対6と1点差に。先が読めない展開となった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています