この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

コールド勝ちを呼び込んだ鮮やかな走塁。白鴎大足利、活発な打線で7回コールド勝ち



白鴎大足利・阿部 快俐

 藤代vs白鷗大足利の一戦。藤代はここまで関東大会出場の原動力となった大関が怪我のため未登板。飛車角がいないため、苦しい状況だった。

 まず1回表、一死満塁から林 虎之介の押し出し四球。2回表には、内野ゴロ、林の適時打で3点目。さらに1番吉澤諒の適時打、3番阿部 快俐の内野安打による適時打で3回終わって、6対0とリードを広げる。1点を返されたが、7回表には、2番中島 空大、3番阿部の2人の主軸の活躍により2点を追加した。

 投げてはエースの斎藤 祥汰が左腕を高々を掲げ、真っ向から振り下ろす独特の投球フォームが持ち味の右腕。常時125キロ〜130キロだが、角度のある速球と落差抜群のスプリットが低めに決まり、7回1失点の好投で、コールド勝ちを決めた。

 リードする大下魁正は「前半、荒れていたところはあったのですが、後半は斎藤さんらしい低めのコントロールが決まっていました」と復調ぶりを語った。

 この試合、白鷗大足利が光っていたのはランナーを二塁においてからの走塁。レフト前ヒットではワンヒットで生還できる判断力の高さ、走塁技術の高さが光った。白鷗大足利の藤田監督の息子でもある藤田陽太が三塁コーチャーについているが、主将の谷澤魁斗は「監督さんは三塁コーチャーを重要視している方なので、その上で藤田は頼りになる存在です」と信頼を寄せる。藤代の外野陣の能力を見て、躊躇なく回せる。そして無駄のない走塁ができる白鷗大足利の走塁は光るものがあった。

 白鷗大足利は振れる打者が多く、特に3番・阿部の打球速度や、スイングスピードの速さには光るものがあり、まだ1年生だが、大下 誠一郎(オリックス)の1年生時を思い出させる選手である。やはり憧れを持っているそうだ。またミート力が高く、難しいゴロを難なく捌く遊撃手の林など魅力的な選手が多い白鷗大足利。準々決勝の山梨学院戦ではどんな試合を見せるのか。

(取材=河嶋 宗一

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。