この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

タレント集団・山梨学院が6回に集中打で拓大紅陵の好投手を攻略!8回コールド発進



山梨学院・榎谷礼央

 10月30日から開幕した秋季関東大会。水戸市民球場で開催された第1試合は山梨学院拓大紅陵との一戦になった。

 山梨学院は県内で圧倒的な戦いぶりで優勝。一方、拓大紅陵は接戦で勝ち上がってきた。序盤に主導権を握ったのは拓大紅陵だった。

 制球が安定しない山梨学院の先発・山田 悠希を捉え、7番・黒田陸の左前適時打で1点を先制する。山田は全身をバランス良く使った投球フォームから繰り出す常時120キロ後半〜138キロの速球と、120キロ前半のスライダーを織り交ぜる好投手。対する拓大紅陵は県大会でも多くの好投手を粘り強く攻略して勝ち上がっている。山田ぐらいの力量だと、すぐにアジャストをしていた。3回表には満塁のチャンスから押し出しで1点を追加する。

 さらに続く打者にワンボールを与えたところで山田が降板。エースの榎谷 礼央が登板し、このピンチを凌ぐと、それまで勢いが合った拓大紅陵打線をピタリと止めた。

 榎谷の下半身主導の動きからコンパクトなテークバックで投げ込むフォームは安定感があり、しっかりと力を入れられるフォームだ。県大会が終わって、横振りになる癖を解消するドリルを行い、縦振りで投げられるフォームに改良したという。

 ストレートは常時135キロ〜140キロ(最速143キロ)。3回のリリーフでは全力投球をしていたが、4回以降はコントロール重視の投球を心がけた。それでも140キロが出るのだから、このスピード能力は2年秋にしてはトップクラス。140キロ〜143キロの速球を連発して出せるようになると、楽しみだ。さらに縦横のスライダーの切れ味もよく、関東屈指の好投手だ。

 追う山梨学院は3回二死一、三塁から4番高橋がつまりながらも中前適時打を放つが、拓大紅陵のエース・小堺 心温が非常に安定していた。コンパクトなテークバックから繰り出す直球は常時120キロ後半〜131キロ程度。球速は劣るのだが、内外角へのコントロールが安定しており、120キロ前半のカットボール、110キロ前後のチェンジアップ、カーブの投げ分けが絶妙で、ここぞという場面で投げ込む内角ストレートなど、駆け引きの上手さはさすが千葉を勝ち抜いてきた投手と思わせるものがあった。山梨学院の打者たちも小堺の投球術を絶賛していた。

「コントロールがよい投手ですし、打てるボールが本当になかったです」(高橋 海翔
「ストレートのキレがいいですし、変化球も良くて、前半まで打ちようがなかったです」(相澤 秀光
「前半は打ちようがないぐらい。良いボールがきていました。コントロールも抜群でした」(佐仲 大輝

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています