この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

花巻東vs仙台育英の名門校対決は思わぬ結果に



完投勝利に雄叫びを上げる萬谷大輝(花巻東)

 仙台育英vs花巻東

 地元の名門と怪物・佐々木 麟太郎の対決ということもあってスタンドは満員。外野席は、ほぼ埋まっていた。コロナ禍のため、席の間隔を空けているのだが、コロナ禍前の宮城開催の東北大会に足を運んだことがあるが、ほぼコロナ前に近い観客の入りだといえる。

 今年の花巻東は豪快さと緻密さを持ち合わせた攻撃ができる。

 初回、一死三塁のピンチを切り抜け、1回裏、1番宮澤 圭汰が左翼線へ二塁打。その後、一死三塁となり、佐々木に打席が回った。佐々木は空振り三振に倒れたが、4番田代 旭の左前適時打で1点を先制する。

 この試合、どちらが先制点を取って、試合の主導権を握るかにかかっていたので、ピンチを切り抜けた後の先制点は、ポイントが高かった。

 ここから試合は膠着モードとなったが、4回裏、花巻東は一死二塁から萬谷大輝の左前安打を左翼手が後逸し、1点を追加。5回裏には、一死三塁から千葉 柚樹が中越え適時三塁打。

 6回裏には一死満塁から5番小沢修の2点適時打、さらに犠牲フライで6対0と点差を広げ、8回表に2ランを打たれたが、その裏にも足を絡めながら2点を追加し、これで勝負あり。

 技巧派左腕・萬谷はチェンジアップをうまく使い、8安打を浴びながらも2失点完投勝利を挙げた。今年の花巻東は佐々木だけではなく、多くの選手の能力が高い。走塁、守備に対する意識も高く、全国レベルのチームだろう。

 仙台育英は最後まで思い通りの試合運びができなかった。自滅といえば、その試合だろう。

 須江監督は「夏の甲子園を目指すために、もう一度、挑戦者のつもりで、そして丁寧に野球をやっていきたいと思います」と課題を語った。

 登板した左投手はいずれも好投手。各選手のスイングも鋭いものがあった。

 持ち味を発揮できずに敗れてしまった感がある。ここからどう立て直して、春の大会に臨むか注目をしていきたい。

(記事:河嶋 宗一