この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

敦賀気比が新潟県1位の北越を投打に圧倒してコールド勝ち



2回に2ランを放った敦賀気比・伊藤君

 前日は9月半ばころの気温と言われたのに比べ、この日は前夜の雨でガラッと様子が変わり、風も冷たく11月半ばくらいとも言われる冷え込みになった。今大会は、なかなかコンディション調整も難しい大会にもなっているようだ。

 近年、福井県内でというか、北信越地区でも安定した力を示している敦賀気比。昨秋、今春の北信越大会でも相次ぐ逆転勝ちで連続優勝を果たしている。そして、今秋も福井県3位校ながらセンバツの連続出場に挑む。1回戦では、富山県1位で進出してきた富山第一にコールド勝ちして、3位校ながら、その力は十分にあることを示した。

 対するのは、この夏は新潟大会ベスト8だった北越だ。今秋は、そこから壁を破って県大会優勝を果たして北信越大会に進出して、初戦でも長野日大に5回コールド勝ちと圧勝してきており、チームとしての勢いもある。

 先制点は敦賀気比が挙げた。初回、先頭の濱野君が当たり損ないながら内野安打で出るとすかさず二塁盗塁。内野ゴロで三塁へ進むと、3番春山君の左犠飛で帰すというソツのないものだった。

 2回にも敦賀気比は、二死走者なしから内野安打と9番伊藤君の左翼への2ランで追加点。そして3回にも四球と投手で4番の上加世田君、石原君の連打に岡村君の犠飛などでさらに2点。北越の小島清監督は、何とかかわそうと山倉君から同じ左腕の西潟君を外野からマウンドに送った。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています