この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

大阪桐蔭が天理相手に7回コールド!3年連続の決勝進出を決める



大阪桐蔭先発の前田悠伍

 秋の近畿大会では3年連続の対戦となった大阪桐蔭天理。昨年に引き続き大阪桐蔭がコールド勝ちを収めた。

 序盤は投手戦の様相を呈した。「丁寧に投げなさい」と中村良二監督の指示を受けた天理の先発・南澤 佑音(2年)はチェンジアップやスライダーを上手く使いながら強打の大阪桐蔭打線を3回まで1安打に抑え込む。

 対する大阪桐蔭先発の前田 悠伍(1年)も2回裏に味方の失策で1点を先制されるも1年生らしからぬマウンドさばきで、要所を抑える投球を見せた。

 3回までは南澤に抑えられていた大阪桐蔭だが、2巡目に入った4回からついに捉え始める。4回表に一死満塁から6番・海老根 優大(2年)の左前2点適時打で逆転すると、5回表にも1番・伊藤 櫂人(2年)のソロ本塁打などで2点を追加。6回表には9番の前田に3ラン本塁打が飛び出し、徐々に一方的な試合展開になった。

 大会を通じて好投を見せてきた南澤だが、この日は6回7失点。「(大阪桐蔭打線は)ミートが上手くてパワーがあるので、配球が難しく、慎重になってカウント悪くなっていきました」と強力打線の前に沈む形となった。

 天理は7回表から嶋川 雄大(1年)をマウンドに送るが、大阪桐蔭は8番・鈴木 塁(2年)のスクイズと9番・前田の適時打で2点を追加。前田はその裏の天理の攻撃を無失点に抑え、7回コールド勝ち。大阪桐蔭が3年連続となる決勝進出を決めた。

「(大阪桐蔭は)全てにワンランク上。こういう結果になった分、さらに高みを目指せる試合になる。今日の敗戦を来年に繋げられたらと思います」と敗戦を受け止めた中村監督。昨年も大阪桐蔭にコールド負けしたが、翌春の甲子園では4強入りを果たしている。この負けを来春に飛躍するための糧にできるだろうか。

(取材=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています