この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

6点差をひっくり返した金光大阪が13年ぶりのベスト4!



最後の打者を打ち取り、笑顔を見せる古川温生(金光大阪)

 金光大阪が大逆転勝利で近江を破り、13年ぶりの4強入りを決めた。

 序盤は完全に近江ペースで進んだ。1回表に一死一、二塁から4番・山田 陽翔(2年)の中越え適時二塁打で先制点を挙げると、5番・岡﨑幸聖(2年)、6番・川元 ひなた(2年)も適時打を放ち、いきなり3点のリードを奪う。その後も順調に加点し、4回表を終えた時点で6対0とワンサイドゲームになるかと思われた。

 しかし、4回裏を境に流れが変わる。3回までパーフェクトに抑えれていた近江の先発・星野 世那(2年)から、二死一、三塁のチャンスを作り、5番・貴島琉惺(2年)の右越え2点適時三塁打で、まず2点を返すと、続く6番・今北玲央(1年)も右越え適時三塁打を放ち、3点差に詰め寄った。

 そこから金光大阪のエース・古川 温生(2年)も立ち直りを見せ、粘る強い投球で追加点を許さない。膠着状態が続いた中で、試合が大きく動いたのは8回裏だった。

 四球と安打で無死一、二塁となったところで、近江は星野に代えて、外義をマウンドに送る。外義は最初の打者をバントで三塁フォースアウトにするが、続く打者に死球を与えてしまい、一死満塁とピンチを広げてしまう。長打が出れば同点の場面で、金光大阪は貴島が三塁線を破る3点適時二塁打で同点に追いつく。さらに一死一、三塁となり、代打・森下右京が(2年)が三遊間に痛烈なゴロを放つ。これを三塁手の中瀬樹(2年)が飛び込んで好捕したが、本塁への送球がセーフとなり、フィルダースチョイスで勝ち越し点を挙げた。

 1回戦の社戦でも同じような状況から逆転勝利を収めている近江は9回表に一死一、二塁と一打同点のチャンスを作る。しかし、ここは古川が踏ん張り、見逃し三振とショートゴロで切り抜け、ゲームセット。金光大阪陽川 尚将(現・阪神)を擁した2008年以来となる秋の近畿大会準決勝にコマを進めた。

 近江はエースの山田が右肘の疲労骨折で登板できず、他の投手で秋を戦ったが、近畿大会では2試合で18失点と穴を埋めることができなかった。センバツの選考材料としては大きなマイナスだが、山田が復活すれば、上積みを期待できるという評価をもらえるかどうかが、選考結果に影響するかもしれない。

「野球はピッチャーという中で、しっかりストライクが取りたいときに取れない。これが命取りになることが十分身に染みたと思うので、山田も含めて投手陣が力を付けて、夏にしっかり魂を込めたボールが投げられるように、ここからまたやり直したいと思います」と多賀章仁監督。この敗戦をどうつなげていくかに注目したい。

(取材=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています