この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

大阪桐蔭が快勝で3年連続のセンバツ当確



大阪桐蔭先発の川原嗣貴

 投打で盤石な野球を見せた大阪桐蔭が3年連続のセンバツ出場をほぼ確実にした。

 大阪桐蔭は背番号10の川原 嗣貴(2年)が先発。立ち上がりはストライクボールがハッキリしている印象があったが、2回以降はスライダー系のボールを交えながら東洋大姫路打線を上手く抑えていく。

 東洋大姫路の絶対的エースの森健人(2年)も内角を強気に突く投球に加え、要所でフォークが決まり、互角の投手戦を披露する。

 ロースコアの接戦に勝機を見出そうとしていた東洋大姫路は3回表に二死一、三塁のチャンスを作る。ここで重盗を仕掛けようとするが、捕手の松尾 汐恩(2年)が冷静に対処して、三塁走者をタッチアウト。東洋大姫路の藤田明彦監督は「前半のチャンスで点を取れなかったのが、一番大きなポイントだった」と悔やんだ。

 これで流れは大阪桐蔭へ。4回裏に田井 志門(2年)の右越え2点本塁打で先制すると、5回裏にも谷口隼人(2年)の適時二塁打などで2点を追加。2巡目に入って森を捉え、試合を優位に進めた。

 7回表からは1回戦の塔南戦でも好投を見せた前田 悠伍(1年)が登板。この日もストレートがコーナーに気持ちが良いように決まり、東洋大姫路打線を寄せ付けなかった。

 7回裏にも海老根 優大(2年)の中前適時打で1点を加えた大阪桐蔭が5対0で勝利。4強入りを決め、来春の甲子園出場に限りなく近づいた。

 森の投球内容も決して悪くはなかったが、「スイングは力強くて速いし、甘いところに投げてしまうと、簡単に捉えてしまう」と大阪桐蔭打線の前には力及ばなかった。

 東洋大姫路はセンバツ出場を決めることができず、今年度限りで退任する藤田監督のラスト采配を甲子園で飾ることができるかは微妙なところ。センバツ出場の有無に関わらず、3月末までは従来予定通りに指導を続ける方針だという。

 「厳しいかなという風に思いますが、信じて練習しようかなと思います」と話した藤田監督。指揮官の花道が作られることを信じて吉報を待つ。

(取材=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています