この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

京都国際・森下が貫禄の完封勝利



京都国際の左腕エース・森下瑠大

 3季連続の甲子園出場を目指す京都国際が一昨年夏の甲子園を制した履正社を破った。

 「今日の試合は森下に尽きると思います」と京都国際の小牧憲継監督が話すようにエース左腕の森下 瑠大(2年)が圧巻の投球を見せた。スタメンに左打者が7人並ぶ履正社に対してカットボールが有効に決まり、序盤から奪三振ショーを披露。「ピンチになっても落ち着いて投げ切れるというところが、甲子園を経験してから変わったと思います」と大舞台で経験を積んだことで、マウンド捌きにも貫禄を感じさせた。

 さらに打者としても注目を集めている森下は第1打席で中前安打を放つと、2点リードの一死満塁で迎えた6回裏の第3打席でも痛烈な打球の中前適時打を放ち、貴重な追加点を挙げる。「来た球を上から強く叩くことを意識したら、良い結果になりました」と打撃でも満足のいく結果を残して見せた。

 また、京都国際は阪神からドラフト7位で指名された中川 勇斗の後継捕手が課題とされていたが、三塁手からコンバートされた主将の辻井 心(2年)がリズム良く森下をリードしている姿が印象的だった。片膝をついてのキャッチングなど、中川から技術をしっかりと受け継いでいる様子が見られ、彼も捕手としてかなりレベルの高い選手になっていくのではないだろうか。

 3回には旧チームから主力の武田 侑大(2年)と平野 順大(2年)の適時打で先制点を挙げるなど、甲子園経験組が実力を発揮した京都国際。この1年間でチームとして何段階もステージが上がったことを感じさせる試合だった。

 一方の履正社は森下を攻略できずに完封負け。来春から母校である東洋大姫路の監督就任が有力視されている岡田龍生監督はこれが最後の公式戦となることが濃厚となった。指揮官交代が色濃くなっている中で、これからどんなチームを作っていくのかに注目したい。

(取材=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています