この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

和歌山東が初の甲子園出場に一歩前進



1失点完投勝利を飾った麻田一誠(和歌山東)

 春夏通じて初めての甲子園を目指す和歌山東が滋賀1位の八幡商を下して、初戦を突破した。

 和歌山東の先発は右横手投げの麻田 一誠(2年)。右打者が8人並ぶ八幡商打線に対して、ツーシームで上手く内角を突く投球を見せ、4回まで1安打に抑え込む。

 援護したい打線は4回裏、一死から連打で一、三塁のチャンスを作ると、6番・尾花 直生(2年)の中前適時打で先制点を挙げる。さらにその後、相手守備の乱れで1点を追加し、2点のリードを奪った。

 対する八幡商は5回表、二死から四球とポテンヒットで一、三塁のチャンスを作り、9番・中井 康輔(2年)の中前適時打で、まず1点を返すと、その裏の一死一、三塁のピンチを併殺に凌ぎ、良い流れで前半戦を終えた。

 勢いに乗る八幡商は6回表に連打で無死一、三塁のチャンスを作るが、ここで4番・北川 敦也(2年)がセーフティスクイズを空振りして、三塁走者が捕手からの送球でタッチアウト。その後の好機も逃し、八幡商は流れを失ってしまった。

 8回裏に内野ゴロの間に1点を加えた和歌山東がそのまま逃げ切って3対1で勝利。「無駄な四球がなかった」と米原 寿秀監督が評価した麻田は6安打1四球で完投。悲願の甲子園出場に一歩近づいた。

 米原監督は次の対戦相手が決まる前に行われた試合直後のインタビューで、昨秋の近畿大会初戦で敗れた京都国際との再戦を希望していたが、奇しくも準々決勝でそれが実現することになった。

「先輩たちの気持ちも背負って、自分たちが次は勝って甲子園に行きたいと思っています」と次戦への意気込みを語ってくれた麻田。昨年のリベンジをして、聖地への扉を切り開けるか。

(取材=馬場 遼)

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています