この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

5安打完封勝利の古川温生(金光大阪)の凄みとは?



先発・古川温生(金光大阪)

 10月17日、近畿大会の第2試合、金光大阪vs奈良高田商の一戦は金光大阪が2対0で完封勝利し、ベスト8進出を決めた。

 この試合は金光大阪のエース・古川 温生の快投に尽きる試合だった。
 170センチ69キロと決して上背はあるわけではない。ただ投手としてのセンスが実に素晴らしい。

 左足をバランス良く上げてから、着地をする際に膝を折り曲げる動作から着地を行い、内回りのテークバックからリリースに入り、体重移動までの動きがきれいで、お手本というべき投球フォームだ。今、体に秘めている力をしっかりと使い、常時130キロ〜136キロのストレートは回転数が高く、両サイドへしっかりとコントロールができる。

 また古川が自信とするのは縦横のスライダーだ。
「カウントが取れるものと空振りを奪うものの2つができるようにしました」と語るように120キロ前後のスライダーが横にも切れ、縦にも落ちて、実に精度が高いものだった。さらに100キロ台のカーブもカウントが取れる。速球、変化球どちらも、決め球、カウントが取れる。引き出しが豊富な投手なので、巧打者が多い高田商打線に狙い球を絞らせなかった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています