この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

東洋大姫路・森、磨き続けた回転数の高い直球で智辯学園打線を完封



先発・森健人(東洋大姫路)

 東洋大姫路は、長年指揮をとってきた藤田監督が3月末で退任予定。有終の美を飾ろうと選手が奮起し、兵庫大会を勝ち抜き、近畿大会まで駒を進めた。

 智辯学園は前チームから選手を総入れ替えし県大会優勝を果たすも、選手、小阪監督共々まだ力がないチームと見ているが、それでも総合力は同世代の中でも高いものがある。

 そんな一戦は1点を争う勝負となった。

 智辯学園のエース・大坪 廉は決して上背はないのだが、ワインドアップからバランスよく上げていき、滑らかな体重移動で、投げ込む姿は正統派右腕と形容したくなる投手だ。大坪の丁寧な投球の前になかなか東洋大姫路打線は捉えることができない。

 常時130キロ~133キロ程度だが、両サイドへのコントロールは安定しており、スライダー、カーブ、チェンジアップを丁寧に、さらにテンポ良く組み立てることができる。見ていて心地よい投手だ。村上 頌樹タイプという声があるが、将来的にはそんな投手となりそうだ。

 一方、東洋大姫路のエース・森 健人東洋大姫路の投手らしく、テークバックを大きくとって、トップを作って、上体を鋭く振り下ろす投球フォーム。大坪は無駄を削ぎ落とした安定したフォームだが、森は躍動感のある投球フォームで対照的だ。

 ストレートは常時130キロ~135キロ程度。スピンがかかった高回転のストレートを投げ込み、120キロ前半のスライダーを中心に投げ分け、ゲームメイクする。基本的に直球主体なのだが、際どいソーンに強いボールを投げ込むので、智辯学園は詰まらされる事が多い。

 森は詰まらせる投球を得意としている。
「際どいコースに投げる制球力、そして威力あるボールを投げることは自信にしていて、今日はそれができました」

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています