この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

大阪桐蔭、京都屈指の好投手を攻略。1年生左腕も完封し、圧巻のコールド勝ち



松尾汐恩(大阪桐蔭)

 大阪桐蔭は第3試合に登場ということで観客のピークもこの試合だった。

 塔南のエース・野原 元気は140キロを超える速球、120キロ中盤のスライダーを投げ分ける右の本格派で、簡単に打ち崩せる相手ではない。そんな相手にも鮮やかな速攻劇を見せた。

 野原は少しコントロールがアバウトなところがあった。そこを大阪桐蔭が逃さなかった。

 「コントロールがアバウトな投手なので、アバウトに待つことにしました」と答えたのが3番捕手の松尾 汐恩だ。ストレートを捉えると左前安打へ。これでチャンスを広げた大阪桐蔭は一死満塁から5番丸山 一喜が左前適時打を放ち、6番田井 志門の適時二塁打、さらに8番・鈴木 塁の適時二塁打で一気に5点を先制した。その後も6番田井の犠飛、さらに7回裏にも田井がコールドを決める適時打を放ち、初戦突破を決めた。

 これほどの好投手相手に、しっかりとボールを待って、狙い球を絞って打つことができる。さらに強烈な打球を飛ばし、動作もスピーディーでさすが大阪桐蔭というべき試合運びを見せてくれた。

 投げては、大阪桐蔭の1年生左腕・前田 悠伍も安定感抜群の投球だった。
 立ち上がりは常時135キロ〜138キロ程度だったが、尻上がりに球威も上がっていき、120キロ前後のスライダー、チェンジアップ、ツーシームを駆使する投球術は一級品。140キロ台が出ていた試合と比べると抑えめのように見えたが、ストレートのタイミングが合っていた打者に対してチェンジアップ、ツーシームの投球で狙い球を外す投球ができていた。

 リードする松尾は「強気なのはチームで一番なのですが、同時に冷静になって打者を打たせて取ることを考えて外す投球もできる。そこが凄いですし、理解しているので、リードする立場からするとやりやすいです」と1年生左腕のマウンド度胸の強さと冷静なマウンド捌きは絶品だ。

 この秋の府大会準決勝・履正社戦では最速145キロを計測。力と技を兼ね備えた左腕なので、順調にいけば、23年度のドラフト上位候補に挙がると思わせる投手だ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています