この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

ドラ1の先輩から投球のイロハを学び、世代トップクラスの右腕に躍り出た148キロ右腕・米田天翼(市立和歌山)が10奪三振、1失点完投勝利!



米田天翼(市立和歌山)

 近畿大会開幕戦は市立和歌山神戸学院大附の一戦。この試合の注目は市立和歌山米田 天翼だ。

 最速148キロの速球と切れのある変化球を投げ分け、来年のドラフト候補として注目が集まる。その米田の投げ込むボールは前評判通りだ。

 常時130キロ後半〜143キロ。手元のスピードガンは、やや遅く出るため、球場によっては145キロオーバーしてもおかしくないボールがいくつかあった。さらに130キロ〜136キロのカットボール、130キロ前半のツーシームと1球1球のボールの精度はドラフト候補。関東でも、これほどの投球ができる投手はそうはいないので、世代でもトップクラスの投手だといえる。

 136キロのカットボールを投げた時は、高校2年生でこれほどの高速変化球を投げるのかと面食らった。

 ただ、神戸学院大附の各打者のコンタクト力が高く、しっかりとストレートを弾きかえすのだ。5回まで7安打。神戸学院大附は150キロに設定し、速い球を打つ準備をしていたという。それでもトップの立ち遅れがない選手が多く、技術的にしっかりとした選手が多い。

 140キロ台の速球と、130キロ前半のカットボール。投げるボール自体は良いのだが、粘られ、見送られるので、コンビネーションになっていない。投げるだけに見えてしまう。9番熊本 和真の犠飛で1点を先制するものの、4回表、9番沖津 泰雅に適時打を浴び、同点を許してしまう。米田は緊張のマウンドだったと振り返る。

 「今まで公式戦の中でも一番緊張しました。全然自分のフォームで投げられなくて、だめでした。また勢いよく直球を投げてリズムに乗っていきたい気持ちはあったのですが、結構当てられてしまいましたし、嫌な感じでした」

 グラウンド整備が終わり、6回表は2者連続三振を含む三者凡退。この回は最速143キロのストレートとカットボール、スライダーのコンビネーションに連動性があり、変わった予感があった。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています