日野が打線の強力ぶりを示して、年内最後の試合を締めくくる



一冬越え成長が大いに期待される、日野・松本君

 この秋は、日野はブロック一次予選の初戦で、この秋の東京都大会で優勝することになる國學院久我山と初戦で当り破れている。都立紅葉川は、一次予選では大東第一と明治大明治を下し、都大会進出。しかし、都大会では、初戦で修徳に敗れた。

 そんな両校の、年内最後の対外試合ということになった。日野高校は、現在学校の改築工事中ということもあり、校舎は仮設で校門から迷路のような仮設通路を通ってグラウンドに到着するのだけれども、体育の時間なんかでも、着替えからグラウンド集合に5分くらい有しそうな状況だという。それでも、現状ではグラウンドはそのままの状況なので、試合は行えるという状態だった。グラウンドそのものは、しっかりと整備されており、右翼と中堅の距離や右中間の膨らみのなさなどに対して目をつぶれば、都内の学校の練習環境としては、決して悪くはないということは言えようか。

 さらに、改築工事が完全に終了すれば、グラウンドそのものももう少し広く確保出来そうな感じだということでもある。そういう意味では、日野の野球部としては今回の改築工事は、時間はかかりそうだということだけれども、長い目で見れば好材料ということになりそうだ。

 最初の試合は、お互いの中では現状のベストに近いメンバーでの対決となった。日野は、嶋田雅之監督も期待が大きい左腕松本君だ。
「コロナの影響もあって、夏休みの間の練習は十分に出来ていたとは言い切れない状況でした。それで、ブロック予選の日程がいきなり9月の初日で、正直、調整しきれていないところもあったと思います。実は、ここへ来て非常にまとまってきていい仕上がりなんです」と言うが、その言葉通り、いい球筋のボールを投げていた。

 それでも、いくらか単調になるところもあって、そこを捉えられたというところもあったが、これから冬のシーズンとなって基礎体力作りを含めて体幹などを強化をしていけば、間違いなく球威は増していきそうだ。日野の場合、ウエイトトレーニングメニューもしっかりとしており、そんな環境も含めて伸びしろは十分に期待できそうだ。