「直球軸」ぶれなかった智辯学園・小畠が大活躍、京都国際「歴史つくった」



先発・小畠 一心(智辯学園)

◆京都国際・平野がどこまで粘れるか

 両チームともに右のエース同士の投げ合いが実現した。
 智辯学園小畠 一心が先発のマウンドに上がる。ストレートやツーシームといった直球系のボールをメインにして、打たせて取る投球を見せる。とはいえ真っすぐは140キロ中盤を計測する本格派右腕として、3回戦・日本航空戦は9回1失点完投勝利だった。

 京都国際平野 順大は、ストレートは130キロ中盤のスピードではあるが、伸びがある質の高さがある。前回の敦賀気比戦では5回まで無失点と先発の役目を作ってエース・森下 瑠大へスイッチした。

 同じ本格派右腕だが、実力を考えると小畠の方が上手だ。京都国際・平野としては何とか強打の智辯学園相手に粘って最少失点で抑えて終盤勝負に持ち込みたい。

 一方の智辯学園は少しでも早く平野を攻略出来れば、主力投手はここ1週間で210球を投じて疲労を残すベンチの森下のみとなる。となれば序盤から猛攻を見せて主導権を握りたいところだ。

◆背番号10・小畠一心が投打で大暴れ

 試合は3回まで智辯学園・小畠は落ち着いた投球、京都国際・平野はランナーを出しても粘り強い投球で互いのスコアボードに0が並んだ。

 だが4回、3つの四死球などで二死一、二塁とチャンスを作った場面で、8番・小畠が、高めに浮いてきた変化球を捉えた。会心の当たりではなかったが、風に乗った打球がレフトフェンスを越えて智辯学園に3点が入った。

 自分のバットで3点リードを作った小畠は、5回に京都国際・5番辻井 心にストレートをはじき返されるなど、一死三塁を招く。ここで7番金田 大記にストレートをセンターへ運ばれて犠牲フライで1点失うことになったが、途中出場の森下をストレートで三振に斬って取り、最少失点で切り抜けた。

 この後、打線の援護はなかったが、7回に4番・平野からカーブで見逃し三振を奪うなど、変化球も交ぜながら京都国際打線に反撃の隙を与えない。

 最終回に入っても140キロを計測するストレートで京都国際を圧倒した小畠。9回被安打3、失点1の好投でチームを決勝へ導いた。