9回の攻防を制した智弁学園 全国の高校野球に示した明徳野球



智辯学園・岡島光星<写真:東京スポーツ/アフロ>

◆我慢勝負を制するのは

 全国クラスの名門校であり、高校野球界を牽引してきた智辯学園明徳義塾が準々決勝で激突。この一戦を制するために、両チームに試されるのは我慢比べだ。

 まず明徳義塾側から考えたい。先発はここまでリリーフ投手として活躍が目立つ2年生左腕・吉村 優聖歩が起用された。インステップをしながら力強いボールを投げる変則左腕であるが、智辯学園の打力を前に臆することなく、我慢強く投げられるか。

 対する智辯学園西村 王雅だ。前回は右のエース・小畠 一心の完投できっちりと休みが取れている。疲労によるパフォーマンスの低下はないかと思うが、低下させる要素を明徳義塾は持っている。球数を投げさせることも、塁上からプレッシャーをかけるなど、そういったことに我慢強く投げることが求められる。

 打線も攻撃を雑にすることなく、点数が入らずとも我慢強く攻めていく。これをゲームセットまでやり切ったチームが勝利を手にすることになった。

◆ドラマは9回に

 試合は4回、先攻の明徳義塾が四球で出た3番・森松 幸亮をヒットとバントで得点圏まで進めた。ここで7番・井上 航輝がスクイズを決めて先制点は明徳義塾にもたらされた。

 ただ智辯学園も追いすがる。先頭の垪和 拓海が四球を選ぶと送りバントなどで一死一、二塁と同点、長打なら逆転のチャンスで4番・山下 陽輔のタイムリーで1対1の振りだしに戻した。

 その後は互いに点数を緩さない粘り強い守備で、1対1のまま9回へ。
 すると、明徳義塾の5番・代木 大和に2ボールからのストレートをライトスタンドに運ばれ勝ち越しを許す。

 さらにヒット2本と四球で一死満塁のピンチが続いた。マウンドには2番手・小畠 一心にスイッチしていたが、ここで1番・米崎 薫暉が打席へ。初球の真っすぐを捉えられたが、ファースト正面でホームダブルプレ―でピンチを脱した。

 1点差で残りアウト3つと、智辯学園が追い込まれたのは違いない。だが、先頭の垪和から連打と死球で無死満塁とする。ここで4番・山下が死球を受けて追いつくと、5番・岡島 光星が前進守備のセカンドとライトの間に落とすサヨナラ打で試合を決めた。

 3対2で智辯学園が死闘を制してベスト4入りを果たした。