初登板無失点の京都国際・平野が「MVP」、敦賀気比ナインは涙



平野順大(京都国際)

◆序盤勝負がポイント

 ベスト4一番乗りへのポイントは、序盤勝負なのではないかと考えられる。

 今大会、敦賀気比は序盤に大量得点を奪い、終盤は失点をしながらも序盤のリードを活かした展開で逃げ切る。先行逃げ切り型のチームだった。この試合でも先攻になったことを考えれば、是が非でも先行逃げ切りの必勝パターンで準決勝進出を決めたい。

 対する京都国際は、右のエース・平野 順大を今大会初先発させた。夏の甲子園のマウンドに初めて上がる平野にとって、立ち上がりで良い投球をしてスムーズに試合に入りたい。逆に打ち込まれるようなことがあれば、敦賀気比にペースを握られる。

 どちらも自分たちのペースに持ち込むためには序盤の攻防が勝利への近道だった。

◆初登板の2年生右腕が真っ向勝負

 平野の注目の立ち上がり、敦賀気比の1番・東 鉄心を真っすぐでピッチャーゴロに抑えると、2番・沼田 航も真っすぐでセカンドゴロ。チームの主軸である3番・大島 正樹には、2ボール2ストライクから真っすぐで見逃し三振。武器のストレートで強打・敦賀気比を真っ向からねじ伏せた。

 4回は一死一、三塁のピンチを招いたが、5番・前川 誠太を真っすぐの空振り三振で二死とする。そして6番・小西 奏思は136キロのストレートでショートゴロに抑えた。

 結局5回までで5奪三振、3四死球でゲームを作って同級生のエース・森下 瑠大へバトンタッチしてライトへ回った。

 試合は8回に敦賀気比が5番・前川の適時打と6番・小西の犠飛で2点を先制する。ただ京都国際もその裏、3番・中川 勇斗の押し出しと4番・森下の内野ゴロで2点を取り返す。

 一進一退の攻防の終止符は9回、一死二塁から8番・松下 恵富がライト前へ。この打球処理にもたつく間にランナーが一気に生還して3対2。京都国際が初出場で初のベスト4進出となった。