変化球で攻める山田陽翔の好投で近江8強 盛岡大附はらしさ発揮できず



山田陽翔(近江)

◆大阪桐蔭戦を再現できるか

 近江大阪桐蔭戦のように戦うことが出来るかというのは1つ大事なポイントだ。

 盛岡大附金子 京介などを中心に大阪桐蔭に負けない攻撃力がある。特に長打力に関して言えば、大阪桐蔭を超える力があり、一本で試合の流れを変えることは十分に可能だ。

 そんな盛岡大附相手に大阪桐蔭戦で見せた投手陣の快投が再びできるか。勝利のためには必要な要素だ。

 攻撃陣に関して言えば、大阪桐蔭ほど盛岡大附の投手陣に厚みはない。近江は、前回の試合に比べて得点は取りやすくなるだろうが、エース・渡辺 翔真は前回の沖縄尚学戦で8回二死まで完全試合をしている。

 雑な攻撃をしてしまえば、渡辺の前にホームはどんどん遠のいていくことが予想される。だからこそ、確実に点数を重ねる手堅い野球を今回も展開して盛岡大附を少しずつ突き放したい。

◆投手陣の奮起でベスト8へ

 初回、先攻の近江は先頭の井口 遥希から連続で四球を選んでチャンスを作ると、3番に入った山田 陽翔と6番・明石 楓大のタイムリーで幸先よく2点を入れることに成功した。

 さらに3回には相手のミスからチャンスを作ると、4番に抜擢された好調・新野 翔大のショートへのゴロでランナーが1人生還して、3対0とリードを広げた。

 3点リードを受けた先発・山田だが3回に2本のヒットで無死二、三塁とピンチを招く。しかし1番・松本 龍哉を2ボールから変化球でファールを打たせてカウントを整えて、最後も変化球で三振。

 続く2番・南 早羽己にタイムリーは浴びたが、3番・金子 京介、6番・新井 流星をスライダーで三振に抑えてピンチを切り抜けた。

 6回終わって4対2と近江がリードした状態で、7回からエース・岩佐 直哉がマウンドに上がる。立ち上がり、二死一、二塁のピンチを背負ったが、3番・金子をスライダー3球で三振に抑えてピンチを切り抜けると、打線は岩佐を援護する2点を8回に加えた。

 8、9回はそれぞれ失点をしたものの、打線の援護を活かした攻めの投球で逆転まで許さずに、近江盛岡大附を下した。