選抜から生まれ変わった新フォームでサヨナラ打 神戸国際大付初の8強



西川侑志(神戸国際大付)

◆カギを握る継投のタイミング

 ポイントと思われたのは、投手陣の継投のタイミングだった。
 神戸国際大附は、2試合とも阪上 翔也が先発し、2試合で14イニングを投げている。球数制限などを考慮すれば、これまでのように起用することは考えにくい。となれば、他の投手陣をマウンドにあげていくことになる。

 ただ相手の長崎商は甲子園で打線の調子を上げている傾向がある。そこまで考えれば、継投策をすることになるだろう。

 一方の長崎商はこれまで城戸 悠希田村 琉登の2人を継投させてきた。この試合も当然継投することは間違いない。であれば、どこで交代させるかが勝利へのポイントだ。

◆延長にもつれる接戦

 試合は初回、長崎商の5番・城戸 悠希のタイムリーで神戸国際大附は追いかける展開になる。ただ2回に4番・西川 侑志が滞空時間の長い大きなアーチを描いた打球がレフトスタンドに入り、1対2とする。

 さらに4回は途中出場の関 悠人の内野ゴロで2対2に追いついた。

 前半までは投手戦だったが、後半からは継投策に入った。
 神戸国際大附武本 琉聖長崎商田村 琉登が登板するがランナーが溜まる場面が増えてはじめ、試合のペースは一度落ちた。

 神戸国際大附は7回、長崎商は8回に2点ずつ記録して4対4と、互いに点数を奪い合う目まぐるしい展開となり、継投策がやや失敗という形になる。

 9回で決着がつかずに迎えた延長10回、8回からマウンドに上がっていた4番手・阪上が長崎商1番・大坪 迅にレフトへの三塁打を許して4対5とされた。

 神戸国際大附は後がなくなったが、10回に3番手としてマウンドに戻ってきた城戸を攻めて、二死二、三塁とする。一打出ればサヨナラというところで、4番・西川が打席へ。初球から甘いボールが来ると、鋭いスイングでサードのグラブをはじき、ランナーがそのまま生還した。

 最後は劇的なサヨナラ勝ちで神戸国際大附が勝利した。