智辯学園・小畠が動く球で安定感抜群の投球、ヴァデルナ「後悔ない」



小畠一心(智辯学園)

◆ポイントは序盤の攻防

 勝負のポイントは初回の攻防になるのではないだろうか。

 初回を挙げた理由は、智辯学園先発は小畠 一心だからだ。今大会はリリーフ登板でマウンドに上がっているが、先発は初めてである。これまでの実績は十分だが、ここをすんなりいければ、智辯学園は波に乗れる。

 対する日本航空は出鼻をくじけば、試合の主導権を握れる。相手が慌ててくれれば、日本航空としては余裕を持った展開を作れる。

 ベスト8へ、初回の攻防をどのように乗り切るか。

◆智辯学園が辛抱強く勝ち切った

 初回、智辯学園垪和 拓海が四球で出たものの、盗塁失敗と4番・山下 陽輔が併殺打に抑えられて無得点に終わる。日本航空の先発・ヴァデルナ フェルガスの真っすぐを打たされる形になった。

 裏の守備、先発・小畠は日本航空の1番・久次米 陸士にレフト前へ運ばれると盗塁も決められる。マウンドの小畠の立ちあがりを叩こうと、足を使って慌てさせる。

 一死三塁としたところで、日本航空のキーマンであるエドポロ ケインとの初対決を迎える。先制のピンチで小畠はストレートでエドポロを詰まらせ、勝負には勝ったが、三塁ランナーの生還を許した。

 その後、小畠はストレートを軸にしてストライク先行で日本航空の打線を抑える。ただ、智辯学園打線も日本航空のヴァデルナの前に得点が奪えない。立ち上がりの1点が次第に重くなっていた。

 ただ6回に智辯学園はヴァデルナを捉えた。
 先頭の垪和が二塁打で出塁すると、4番・山下の内野ゴロや相手のエラーで勝ち越しに成功。7回にも1点を加えるなど、智辯学園がリズムを作った。

 リードを受けた小畠は8回に無死一、二塁のピンチを招いたが、8番・山本 竜毅をストレートで併殺打。続く中西 海都を139キロの真っすぐで三振に斬って取り、試合を決めた。

 9回に前川 右京のホームランなどでダメ押しをした智辯学園が7対1で勝利した。