9回の攻防が勝敗分ける 石見智翠館が18年ぶりベスト8



石見智翠館・今泉秀悟 写真:東京スポーツ/アフロ

◆石見智翠館・山崎がポイント
 ベスト8を目指す日大山形石見智翠館の勝利のカギを握ったのは、石見智翠館山崎 琢磨ではないだろうか。

 日大山形は2回戦では強豪・浦和学院と接戦を制してベスト16まで勝ち残った。技巧派・斎藤 堅史、本格派・滝口 琉偉とタイプの違う投手2人を中心とした守備と、3番・佐藤 拓斗を中心とした強力なクリーンナップが特徴的な打線がある。

 対する石見智翠館は、弘前学院聖愛との接戦を制してベスト16に勝ち上がったが、原動力は山崎の好投だった。日大山形と比較すると、打線の破壊力は圧倒的なものではなく、点差が広げられると日大山形の投手陣から大量得点するのが難しいことが予想される。特にリリーフの滝口の140キロ台の真っすぐから連打を出すのは難しい。

 石見智翠館のベスト8の進出は山崎の好投とリードして終盤に入ることであり、日大山形は山崎を攻略することが近道だと考えられた。

◆息詰まる試合を展開
 石見智翠館の先発・山崎は初回、制球が乱れていきなり一死満塁を招く。ここで5番・塩野 叶人の犠牲フライで早々に失点してしまう。

 しかし4回に山崎が自らのバットからタイムリーを放ち、試合を振りだしに戻すなど5回終わって1対1と投手戦をなり接戦となったが、後半は打って変わった。

 6回に石見智翠館が途中出場の山本 由吾の一打で勝ち越したものの、直後に日大山形が5番・塩野の一打などで2対4とされた。

 ただ石見智翠館も直後に2点を追加して4対4と前半では考えにくい打ち合いになり、勝負は9回へ。

 日大山形は先頭の梅津 康生に四球を与えるが、バントを失敗させるなど一死一、二塁する。9番・大場 陽南斗のレフト前に運ばれたが、ホームを狙った走者をアウトにしてピンチを切り抜けると勢いに乗った。

 先頭の伊藤 陽春が四球で出ると、7番・山崎がエンドランを決めて無死二、三塁とチャンスを迎えた。ここで1年生・今泉 秀悟にもエンドランにもサインを送った。これは失敗したが、その後、センターへサヨナラ打を放ち、5対4で試合を終えた。