テンポよかった中西の好投で勝利した智辯和歌山、高松商の浅野は雪辱誓う



中西 聖輝(智辯和歌山)

◆本来の力を発揮できるかどうか

 智辯和歌山が1か月近くのブランクのなかで、どれだけ実力を発揮できるか。今回のポイントはここだ。

 初戦で戦うはずだった宮崎商が参加辞退になったことで、智辯和歌山の初戦が24日まで伸びた。和歌山大会決勝から考えれば1か月近く実戦から離れる形となり、大会本部も23日は公式練習を認めた。ただ、どれだけ発揮できるかが試合の勝敗には大きなポイントだ。

 対して高松商は先発に前回同様に德田 叶夢を登板させる。緩い変化球を効果的に使って相手打線を抑える技巧派左腕だが、これに智辯和歌山が焦って手を出すようなことがあれば、高松商の術中にハマることになる。そうなれば、高松商は勝利にぐっと近づく。

 智辯和歌山は焦らずに自慢の強打を発揮する。高松商は恐れずに勇気をもって丁寧に投げ続ける。これを出来ることが、智辯和歌山本来の実力を発揮させるか否かの鍵になった。

◆終始リードを保つ

 智辯和歌山注目の初回は、高松商の先発・徳田の前にわずか7球で三者凡退に終わる。逆に、その後マウンドに上がった中西は四球1つを出して17球を擁した。

 しかし2回に初ヒットが生まれると、3回は4番・徳丸 天晴のタイムリーなどで3点を先制した。

 援護点をもらった中西 聖輝は、3回を僅か8球で高松商の攻撃を終わらせると、4回は2番・浅野 翔吾にヒットを許しながらも打者4人を14球で終わらせて智辯和歌山に徐々に流れが傾く。

 6回に浅野にホームランを許したが、12球で6回の高松商の攻撃を終わらせるなど4対1と3点リードで終盤を迎える。すると、8回に智辯和歌山にダメ押しの1点が中西のバットから生まれて、5対1となった。

 最終回、4点リードだったが、高松商に粘られ、5対3までなったところで中西は降板して、伊藤 大稀に託した。

 伊藤は僅か1球で高松商の攻撃を終わらせてゲームセット。5対3で智辯和歌山が勝利した。