分析と工夫で京都国際がプロ注左腕を攻略、秋山「甲子園で優勝したかった」



森下瑠大(京都国際)

◆鍵を握ったのは右打者

 どちらが勝っても初のベスト8進出となる京都国際二松学舎大附の一戦。この試合のポイントは右打者なのではないかと思われた。

 京都国際は先発に2年生・森下 瑠大を起用し、二松学舎大附はプロ注目・秋山 正雲が登板した。どちらにも言えるのはエースで、左投げということだ。
秋山は140キロを超えるような力強い真っすぐを持ち味にする本格派である。対する森下も130キロ中盤の真っすぐはあるが、コーナーに投げ分けながら変化球をに手を出してもらう技巧派の投手である。

 タイプの違う2人の左腕が先発することになったが、攻略には右の方が有利であることは間違いない。

 京都国際は中軸3人を含めて4人、二松学舎大附は6人が右打者というオーダーで試合が始まったが、彼らの活躍が実際に試合の流れを変えていった。

◆一発攻勢と延長の粘り

 京都国際の先発・森下は1回二死二塁から、4番・関 遼輔に打たれ先制点を与える苦しい立ち上がりになる。

 しかし2回以降は安定した投球で味方の援護を待つと、5回に森下は外角高めをレフトへ運ぶホームランで自らを援護する。

 同点で迎えた6回、京都国際は2番・金田 大記が内角低めをライトへ運ぶヒットからチャンスを作ると、3番・中川 勇斗が真ん中に来た秋山の真っすぐを左中間スタンド中段に運ぶ勝ち越しホームランで、京都国際が主導権を握った。

 その後、4番・辻井 心もインハイの真っすぐをレフトポール際に飛ばすホームランで4対1とリードを広げて9回まで進んだ。

 ベスト8目前の9回、二松学舎大附櫻井 虎太郎にレフトへホームランを打たれ振り出しに戻され、京都国際にとって嫌な流れだった。

 しかし10回に二死一塁から、森下がまたも外角のボールをレフト線へ運び決勝の2点を追加して試合を決めた。6対4で勝利した京都国際が、ベスト8進出を決めた。