「3回からまるで別人」逆転劇を生んだ近江の二刀流2年・山田陽翔の快投



大阪桐蔭を逆転で撃破した近江 写真:日刊スポーツ_アフロ

◆近江投手陣が強力・大阪桐蔭打線をどう抑えるか

 大阪桐蔭近江による近畿を代表する全国区のチーム同士が2回戦で激突することになった。ポイントとして考えられたのが、近江の投手陣だ。

 大阪桐蔭は初戦・東海大菅生戦でホームラン3本が飛び出すなど、今年も破壊力抜群であることを甲子園の舞台で発揮していた。一発で調子に乗せてしまうと、足を使える選手もいるため、様々な方法で攻撃を仕掛けてくる。

 加えて投手陣もプロ注目・松浦 慶斗を中心に実力ある選手がそろっており、点差を広げられると厳しい。

 だからこそ、近江の投手陣が大阪桐蔭打線を勢いに乗せず、競り合って粘り勝つ。大阪桐蔭と競った試合展開にすることが勝利へのポイントだった。

◆山田の復調からリズムを作る

 近江は2年生・山田 陽翔を先発に抜擢した。初戦の日大東北戦と同じ布陣で挑んだが、初回から苦しい立ち上がりになる。
 変化球主体で大阪桐蔭に挑むも、一死から2番・藤原 夏暉のヒットと2つの四球で満塁を作ってしまうと、6番・宮下 隼輔にはレフトへタイムリーを許して3失点と、早々に先制点を与えてしまった。

 すると2回からは真っすぐで押していくが、8番・松尾 汐恩に真っすぐをバックスクリーンに運ばれて0対4と近江にとって序盤苦しい試合展開になった。

 ただ、3回から山田が立ち直った。スライダーをバランスよく投げながら大阪桐蔭打線に振らせて追撃を許さない投球を見せる。

 すると3回に2番・西山 嵐大のスクイズで1点を返すと、続く4回は5番・新野 翔大のホームランで2対4と迫る。そして5回には4番・山田が犠飛。自らのバットで打点を挙げ、1点差に詰めた。

 3対4のまま7回からはエース・岩佐 直哉にスイッチすると、140キロ中盤の真っすぐに、切れ味鋭い変化球で大阪桐蔭打線にホームを踏ませない。

 そして迎えた7回、二死一、二塁から5番・新野がライト前へ運び試合を振りだしに戻すと、続く8回は勢いそのまま二死満塁から途中出場の山口 蓮太朗がライトへ勝ち越し打を放ち、試合を決めた。